X-jamのいろりばた会議Vol.2 「13年間のノマドワーカーからフリーランスの集合体としての働き方へ ~1人勝ちの時代を超えていく~」

xjam

X-jamのいろりばた会議とは、埼玉・飯能にあるユニークな音楽スタジオX-jamにて、

「いろりを囲むように少人数でのんびりと、音楽や地域や文化に携わる様々なゲストをお呼びして、
語り合う会」
です。

主催のX-jam制作プロデューサー城間優子が「今、気になる人」に声をかけてお話を伺います。
みんなが自由に語り、つながるような場づくりを目指しています。
ご興味のある方はどなたでもご参加ください。

X-jamのいろりばた会議Vol.2

「13年間のノマドワーカーからフリーランスの集合体としての働き方へ
~1人勝ちの時代を超えていく~」

日時 2017年2月21日(火)開場19:00/開始19:15~終了21:00頃
場所 X-jam Studio ※飯能市永田99-1
西武池袋線飯能駅、またはJR東飯能駅からバス7分「永田大杉」下車すぐ。
駐車場数台有り(ご予約時にお伝えください)

定員 15名程度
料金 1500円(当日払い)
主催 X-jam
お申し込み Peatixから、またはお問い合わせフォームより、
お名前、ご連絡先、人数明記の上、お申し込みください

ゲスト:佐藤亮介(01DESIGN・フリーランスの集合体「01CR8TIVE」主宰)
進行: 城間優子(X-jam制作プロデューサー)

第2回目のゲストは、佐藤亮介さん。

飯能在住で、フリーランスのデザイナー・ディレクター・プロデューサーとして活動する佐藤亮介さんは、近年、仲間と共に「フリーランスの集合体として仕事を請け負う」という形に挑戦し、大手広告代理店の仕事などを、法人ではなくフリーランスチームで受注しています。

誰かが一人勝ちするような今までの社会のシステムを超えて、個人として挑戦し続けるには、1人ではできず、様々な力を持った人がチームとなって取り組む事が必要になる反面、個人の能力を厳しく問われる環境でもある。と佐藤さんは語ります。

仲間の適性や得意分野を見極め、仕事を分担することでクオリティを上げている、その仕事の可能性と、実際の方法、想いを聞きながら、様々な立場の生き方、働き方を探ります。

会社組織の一員としてではなく、個人で働く人たちは、町のお店もミュージシャンやアーティストもみんな「個人事業主」であり、仲間。

様々なジャンルの人たちが集まり、知り合うことで、ゆるやかなネットワークが生まれたら、後ろ盾のない個人事業主にとって小さな支えの一つになるのではないでしょうか。

佐藤さんの事例にヒントと課題をいただきながら、わたしたちそれぞれのアートな働き方を考えませんか?