同時代を生きるピアノで、同時代の音楽を奏でる

12月1日(金)・2日(土)シモシュピアノ持ち込みコンサート〜Xymox meets FAZIOLI〜
を企画しました。
FAZIOLIというピアノの名前を聴いても、ピンとこない方も多いかもしれません。そもそも読めないし(笑)
ファツィオリと読みます。イタリアの新進気鋭のピアノメーカーで、創立からの歴史は約30年。
イタリアの工事で30数名の熟練職人がなんと手作りで、一台に3年もかけて作っているのだそうで、
おのずと年間生産台数も限られ、わずか130台程度なのだといいます。

年間数万台生産していたメーカーとは、だいぶ違う。
その、量産品とハンドメイドの違いは、音色にも、造りそのものにも表れています。

で、なんでそのピアノを今回のコンサートでわざわざ持ち込むのかというと、
もちろん、その音が様々なメーカーのピアノを弾き比べても格段に美しい、
透明で繊細で上品な雑味のない音がすることはもちろんですが、
現状国内で常設しているホールがほとんどないため、埼玉県内で地元の方にきいていただきたいと思ったら、持ち込むしか選択肢がないということ。

そして、何よりも、おそらく演奏家シモシュとの間で心が通じ合ったのは、
「同時代性」なのではないかと思います。

スタインウェイをはじめとする今のピアノメーカーは、
すでに完成してブランド化したピアノたち。
完成当時のピアニストや作曲家の作風にも合った、
その当時の音楽にふさわしい音作りがされています。
今でもアンティークピアノなどを聴くと、
往年の名ピアニストの演奏のニュアンスがよくわかるなあという気がします。
当時のホールの大きさ、当時の楽曲、当時の時代の匂いに、
やはり楽器は自然とは寄り添うのだと思うのです。

一方ファツィオリは、出来て約30年。
ほかのブランドが積み重ねて完成した形に加えて、
大きくなったホールの造りや、新しく生まれた楽曲や、
コンサート以外の様々なメディアや、この時代感、その風をすべて受けて研鑽してきたのです。
現に、ファツィオリの社長は今でも、完成したピアノを一台一台試弾し、
OKを出したものだけを出荷しているという。

今、この時代に生きて、クラシックを演奏するのではなく、
リアルタイムで曲を新しく作り続けて、
弾き続けるシモシュのような作曲家・ピアニストにとって、
ファツィオリは戦友というか仲間というか、切磋琢磨するパートナー。
演奏家が「ここが気になる」と欲を出せば、
作り手が答えてくれる、そんな成長し続けるメーカー。

だからこそ、シモシュは自分の作品を演奏する今回のパートナーをFAZIOLIに選んだのだと思います。

初めてこのピアノの音を聞いたとき、びっくりして、なんだか涙が出そうになりました。
作り手がこの時代に生き、そこで生み出す音のエネルギーは、
ピアノマニアではない普通の耳にも、なんとも心地よく、熱く、響くのです。
調律師さんが毎回のように「もっと良くなります。もっと良くします」と言い続けるその飽くなき探究心にも、胸が熱くなります。

古いピアノにもたくさん出会ってきて、その素晴らしさも重々承知だけれど、
私たちは今を生きている。完璧な完成品じゃなくて、未完成さも未熟さも含めて、今を生きてる。
そんな現在進行形を、楽器も含めて共有できるコンサートになればと思っています。

さて、そんなウンチクはすべて忘れて、当日、美しいピアノの造りと音に、浸っていただけたら嬉しいです。

当日のピアノ調律を担当してくれる越智晃さんとファツィオリを取材された記事をリンクでご紹介します。
http://globe.asahi.com/feature/100719/04_1.html

シモシュピアノ持ち込みコンサート
Xymox meets FAZIOLI
2017年12月1日(金)18:30開場19:00開演
12月2日(土)13:00開場13:30開演
場所 所沢市民文化センター ミューズ キューブホール
料金 前売り当日共 全自由席
1日 一般3000円※未就学児入場不可
2日 一般3000円
中高生1500円
小学生以下同伴無料(席の必要なお子様は要申し込み)
両日通し券 5000円(一般のみ)
ご予約フォーム
https://goo.gl/forms/0Y52gUwuZWReUWaY2


子どもが入れる、大人のためのコンサートという立ち位置

先日は、大好きなバイオリニスト金子飛鳥さんのコンサートに久しぶりに。
場所は、なんだかんだ行く機会の多い、渋谷の公園通りクラシックス。
 
昼夜のうち昼間はお子様OKの回(夜は大人のみだそう)ということで、X-jamも同じようなコンセプトで12月にコンサートをやるので、どんな風になるのかなあと思っていました。
自分たちのも含め、子ども向け作品、親子対象作品での子どもの反応は多々見てきましたし、対象を問わないライブイベントではよくあるのですが、あくまで音楽を聴きたい親のための、通常のコンサートに子どもが入れるというシチュエーションで何が起こるのかは、やっぱり未知数で。
 
コンサートに来たくて来たくて!という思い溢れる親が、0歳から3、4歳の子どもを連れて、平日昼間にもかかわらず数組来ていました。
 
 バイオリンの飛鳥さんとピアノの林正樹さんは、よい意味で子どもたちに見向きもせず、ご機嫌取りもせず、かなり繊細な曲から即興まで、幅広く演奏する。
完全生音で、瞑想に入れるような深呼吸したくなるような音楽。
整体で体メンテ後だったので、もう、体がゆるみまくってしまった(笑)
ちゃんと「自分に届けてもらった」と、大人が思えるコンサートでした。
大人には一時間はあっという間すぎて短かったけれど(笑)
 
そして、始めて音を出した時の、子どもたちの、「うわぁ〜」という静かな空気の震えが忘れられない。
そこから終演まで約一時間は、その子によってどういう時間を過ごすことにするか、自分で決めているように見えました。
「聴く」ことにする子、まどろんで眠りに落ちていく子、しばらくして動きたくなって会場から出る子、だんだん声で反応を始める子、様々だったけれど、今回、音楽家の愛情は、その子達に個々に反応するのではなく、あくまで音楽を集中して届けることにあって、その姿勢を子どもは受け止めるのだなあと改めて学びました。
 
子ども向け作品をやる人たちだけでなく、多くのミュージシャンが、「その場に子どもがいること」というのを体験してもいいのじゃないかと思います。
そして、観客として来る大人も、「その場に子どもがいること」を体験すると、音楽が違うように聞こえてくる気がします。
 
一方では子ども入場不可という形で、コンセプトを限定するのも大事なことで、排除ではなく、適切な場をどうやって作るかという共通認識をお客様と一緒に作るって大事だなと思ったのでした。
 
「こども無料」
の意味は、必ずしもその子のためにじゃなくて、そこに切実に来たい親のために、
親が自分を取り戻す時間を過ごすために。
そんな場だってあってもいいな、浸透するといいなあと思います。
もちろん自分たちがやるコンサートも、そうでありたい、と思っています。

売れる音楽より長く愛される音楽を@tunecore配信

数年ぶりに音楽配信サイトにCDを配信し始めました。
まずは実物が完売していたシモシュピアノソロ2
順次、今リリース済みのものを出していきます。

正直、ずっと音楽配信を懐疑的に捉えていたのですが、
今は、そもそもCD再生機器を持っていない若いママとも多く出会うし、
ライブだけが価値があるのかというと、ライブに来れない人たちもいるわけで、
どれだけの人の耳に届くかを考えると、一人でも届いたら嬉しいわけで。

配信のディストリビューターはtunecoreさんにしました

昨年、社長の野田威一郎さんのお話を「みんなの談話室」で伺った時に、
ただのビジネスだけではない、大きな夢を語ってくださったのがとても印象的で
(その時のレポート

やっぱりネットの世界だって作るのは「人」だから、
その情熱を持ったところにお願いしたいと思って、ようやく重い腰を上げたのでした(笑)
重い腰を手を添えて登らせてくれる、ものすごい素早いご対応でしたよ(これで時間かかってたら、挫折してるね笑)

それでもまだ、ストリーミングという「定額の月額を払って聴き放題」というシステムにはさらに懐疑的だったんですが(疑り深い私)
以前ラジオでどなたかが仰しゃることには、
「CDはどれだけ宣伝費をかけて買わせて、その売り上げがチャートに乗ったとしても、その後買った人に何度聞かれたかはわからない。
でもストリーミングというのは、どんなに少額でも、一回聞かれるごとに記録が残り、その額がアーティストに還元される。
大きな宣伝費をかけなくても、その音楽を愛してくれた人が何度もなんども聞いてくれたら、それが数字として反映される。だから今は、売れる音楽じゃなくて、愛される音楽が生き残る可能性がある時代なんだ」
ということをおっしゃっていて(もはやだいぶ意訳)
なんて素敵な解釈だろうと思って、私の懐疑心は払拭(単純・・・)

今は古い音源だけだけど、新譜も出していくので、
どうか、売れる音楽より愛される音楽であり続けますように。
ダウンロードでも、ストリーミングでも、
とりあえず聴いてみていただけたら嬉しいです。

Apple music入ってる人はこっちかな?
https://itunes.apple.com/…/%E3%82%B7%E3%83%A2%…/id1289128912
その他、各配信サイト(どこに配信されるのかわかってないんですけど)
で「シモシュ」で検索して、この数日中に出てきます(笑)

https://itunes.apple.com/…/%E3%82%B7%E3%83%A2%…/id1289128912


これが人生だ。どくんごのテント芝居「愛より速く」

旅をしながらテント芝居をする劇団どくんご飯能公演。
「愛より速く」
毎年のように知人友人固定ファンが観に行っているのを知ってたけど、
なぜかいつも飯能公演は、私が旅だよ状態。(地方でどくんごポスターを何度見たことか)
今年はようやく日程が合いました!

神社の境内にボロい(すみません)テントを立てて、そこにみんながぎゅぎゅっと集まるスタイル。
常連はすでに缶ビールぷしゅってやってる。たまらん。
開演時間になってからぞろぞろマイペースに集まる人たち。

中身は歌あり楽器あり、語りあり踊りありのオムニバスで、特にあらすじがあるわけではない。
テントで見る非日常感にワクワクしつつも、あまりにナンセンスで、
最初は見方がわからなくて迷子になりかけてたのですが、

・・・この人たち、うまい。

声量も距離感も動きも、音も明かりも、野放図に見えて緻密で巧みじゃないか。
下品に見えても、ちゃんと品がある。
場面ごとに幕をうまく使い、時にはその幕を取り払った先のはるか外まで舞台の奥行きになる。
観ている世界が伸びたり縮んだりというのが自由自在。
テントじゃなきゃできない芝居。

でもって、意味わからないながらも観続けているとある時突然、これは「詩」みたいなもんなんだな、と思いつく。

言葉と音と光と体と、そしてその「場」と、全部使って詠う詩。

そう思えば、意味を追いかけることもなく、そこに身を委ねることができて楽に楽しくなった。

好き嫌いはあるだろうが、「これが人生だ。」と正々堂々と詠われて、
「そうですよね」と肯定しかできなかったよ。
置いてきぼりにされたり救われたり突き放されたりの連続が、実に痛快でした。


ご当地物語、その先へ

飯能アルプス物語

知人の主催している地元初の試み。
飯能にまつわる場所で起こる人間模様を5話のオムニバスで描いている。

脚本演出と中心の役者さんたちは小劇場系かしら?
笑いのつぼやつっこみや泣かせどころも、ちょっと過剰な演技も、でもちゃんと届くセリフまわしも、ほぼ小劇場ノリ(キライじゃないですよ笑)

ただ、これ、地名を他の場所に変えても話の中身は変わらないから、
「飯能物語」じゃないんじゃ!?
設定だけ特定の地に、というのはやりやすいのでよくあるパターンだけれど、
それだけだと、各地が作っている安易なご当地芝居と変わらなくなっちゃう。

地元ならではのアイデンティティ(名所紹介とかじゃなくて、飯能人の気質とか文化的な傾向とか)に即した書き下ろしだといいのになと思いました。
次へのリクエストですね。

そして、5話目にはおそらく地元のアマチュアの役者さんたちが出演されていて、その試みはとてもいいと思う。
舞台はプロだけのものではなく、いろんな人が演じる喜びや表現する楽しさを共有できたらいいと思う。
でもなぜ役者さんたちと分けて、5話だけアマチュアにしちゃったのかなあ。
稽古の都合があるのは重々承知で、5話だけを地元の人が演じるとしても、
何度かエチュードやワークショップを役者さんたちと行いながら「芝居のトーンを揃える」というか、
演出家がそこをフォローアップする体制は必要だったのじゃないかなあ。
差が出るのは当然で、それはアマチュアの責任ではなく、どこまで作品を突き詰めるか、制作と演出の考えて行く点だなと思います。

そして次回以降、欲をいえば、演劇の専門家たちの力をより借り、プロと市民が混じり合い、
より演劇的な空間になるなかで「飯能」アイデンティティが浮かび上がるといいな。
地元の魅力を伝えるのではなくて、そこにいる人たちのリアルを伝えることが、結果的にその土地の魅力になる。
そうすると地元の方も、外から来る方も、学芸会ノリではなく、一緒に楽しめるものになるのではないでしょうか。

でも、まずは第一歩があったことにおめでとうございます。

都内に行かなくても良質な舞台が見られるように、どんどん地元の音楽も芝居もクオリティが上がるといいなあ!!
そして、お堅いホールじゃなくて、いいサイズの気持ちのいい小屋があるとこういう作品の面白さは一気に変わるのになあ、と無理なことを願ったりするのでした(地元にいいホール、いい芝居小屋になるスペースが欲しい!!)


言葉と写真が語りかける

飯能・AKAI Factoryで開かれている写真展「流転」と、
そこで行われていた
写真家 中筋純
歌人  三原由起子
詩人  宮尾節子
さんたちのトークショーと朗読へ。

写真は先日拝見していたのですが、
浪江町出身の歌人三原さんの研ぎ澄まされた言葉と、
飯能在住の詩人宮尾さんの愛ある言葉で、
より深く写真が体に入ってきた感じがしました。

アーティストが作品を語るのは好きではないのですが、
中筋さんの言葉は、やっぱりリアリティがあって、
写真からのイメージと、
言葉からのイメージと、両方受け止められてよかったです。

福島とチェルノブイリ、両方を対比させる挑戦的な写真展。

ずどんと重い中にも、絶対的な美しさがあって、
短歌も詩もそうだけど、
残酷な事実をアートによって再構築することで、
やっと 飲み込める。
だけど、飲み込んでいるだけじゃダメで、
それを美化せず、また別の表現へ昇華しなくては、
この現実は一ミリも変わらない。

そんなことを突きつけられる時間でした。

 


人の行き交う溜まり場

めずらしく心もやもやな数日で、
やらねばならぬ事もペンディング状態のまま、
ちょっと発酵させようかな〜とあちこち逃げていたのですが(笑)

今日は中年楽団チラシの配布にご協力いただいているKさんとの追加チラシ受け渡しで、にこにこハウス(飯能の福祉作業所併設食堂、かな?)にようやく行けて、
普段食べないカツカレーをいただきながら、なんだか泣きそうになってました。

にこにこハウスは私がいろりばたで実現したい、いろんな人の行き交う溜まり場になっていて、
なんというか、お店にエネルギーの動きがあって
(カフェで一人頭の整理をするときには、「空気の動かない」しんとした店が好きなのですが)
お店に来る人にもどんどん紹介してくれて
(最近、自己紹介に困る自分の業務雑多ぶり・・・)
スピードとか、効率とか、経済とか、という尺度とはちょっと違ったリズムでその場が回っていて、
とても居心地がよかったのです。

みんなが喜んで働いていて、
お話するだけでふわっとした気持ちになって、
なんか、ルーティーンで働いてる人たちと全然違う。

私は最近、むしろ舞台に携わる人たちの視野の狭さに勝手にイライラしていたのですけど、
自分がここ数日思っていた違和感やもやもやは、この場で、すぅーっと消えていったのでした。

と同時に私は、表現は慈善活動ではなく、経済活動としても、
「プロのアーティストがアートで食っていけない世界なんてまずい」
むしろ「アーティストが健全に稼ぐ事から逃げてはいけない」
とも思っているので、
その覚悟のある人たちと共に、ちゃんとそのクオリティを上げていきたいと思うのでした。
経済や競争とは真逆の世界に思えるこういう場所から、むしろそういう意欲をいただけたのが、ありがたかった。
それでも、いつか貨幣経済なんて軽々超えてしまいたい。

元気のでるごはん、また食べにいきます


本当にこわいのはなんだろう「標的の島 風かたか」を観る

「標的の島 風かたか」という映画を見てきた。
風かたか、は沖縄の民謡の中にも歌われていて
「風除け、防波堤」という意味だそうだ。

沖縄の基地問題といえば、とりあえず思い浮かぶのは、
連日ニュースになっていた辺野古の新基地建設、
高江のオスプレイのヘリパッド建設。

だけれど、宮古島と石垣島にも、自衛隊の配備と、そのためのミサイル発射基地建設が計画されていて、映画は、その4地点それぞれの様子が、並列に進んでいく。

というか、4ヶ所も基地問題で揉めてるの、知らなかったよ!!
そして、それはそれぞれ単独の計画ではもちろんなくて、
米軍の対中国戦略として、島々に基地を置き、仮に中国からの攻撃を受けた際には
自衛隊は(米軍は、じゃないんです)その島々を戦場として戦う。

島々が、攻撃の標的となり、防波堤となる。

(さらには映画ではちょこっとしか触れてないけど与那国、奄美にも自衛隊配備して
とにかく島を網羅して防波堤を作るって話)
というショッキングな計画だった。

それぞれの地に生きる人たちの怒りと闘いの中で、ひときわ丁寧に描かれているのは、
島の芸能、地域の秘祭や、エイサーの風景。
それどころか、選挙に勝ったと言っては踊り、
ゲートの前の座り込みでも、伝統的な三線の日には三線をかき鳴らし、舞う。
それを機動隊が止めて排除をしていく。
その悲しさを、彼らはまた民謡で歌う。

とにかく、嬉しいにつけ悲しいにつけ、芸能がしみついている。
いつでも芸能が共にある姿が、抗議行動での戦争のような光景と対比されて、美しくて面白くて、すばらしかった。
ここは闘いの島、みたいに言われているけれど、芸能の島だ。

抗議行動の中で、機動隊にも真正面から向き合って訴え続ける地元の人たち。
全国各地から送り込まれた機動隊の、仮面をかぶったような若者が、おじいおばあを排除していく様子。
母親たちの声も聞かず、今流行りの国への「忖度」を進んでしちゃう地方議会。
国を変えることよりも、私たちこの地方議会をなんとかしなくちゃいけないんじゃない?と思うような思考停止状態っぷりに、これ、たぶん他人事じゃない、と思いました。
本気で、うちの市でも起こりそうなことが、映画の中で起こってました。

映画の後、怒りと悲しみでいっぱいになって外へ出てみれば、
新宿の街を行く人たちの顔がみんな、あの「機動隊の若者たち」の顔に見えた。
「自分で考える」ということをやめている顔。
そうしなければ自分のいる世界で生きていけないんだよ、という無表情。
それが一番怖かった。


偏っていること、フェアであること

地元で開催されたふたつの政治的な講演会に顔を出す。
とは言っても、政治家のそれではなく、同じ年代の、独自の活動をするふたり。
そして主催は、どちらも地元の志あるイベントを丁寧に作っている、オーガニック系のカフェ。
こういう場で、政治の話を聞けるというだけでも、なんだか本当に貴重だなと思います。

午前中は、ブロガー座間宮ガレイさんの選挙お勉強会。
選挙に関心のなかった彼が、震災後から政治に関心を持つようになり、
山本太郎さんはじめ、いろんな候補者の応援をしてきたけれど、
今は、政治に無関心ではないけど詳しくはない「おっかなびっくり層」(彼の造語)に向けて、
データの読み方や新聞の読み方を通じて、偏らないフェアな視点で政治について関心を持ってもらうというスタンス。

それでも、けっこう内容は詳し目で、私の周りのほんとーうに関心ない人、理解できるかなあ?とちょっぴり不安。
とはいえ、ヒントになる話はたくさんありました。

トランプがなぜ勝てたのか、ヒラリーとの選挙の戦い方の違いの話には、学ぶものがたくさんあるし、(ヒラリーが大集会ばかり開いたのに対し、トランプは小さな会合を各地でたくさんひらいたのだというような話)
選挙がっつり興味ある人たちに向けてではなく、「ふつうのひとたち」の興味を引くには、コミュニケーションする余白があることを感じさせるチラシや会場選びやアピールが大事、という部分は、まさにです。(信条に熱い人たちの「これが正しいんだ」攻撃は私も少々食傷気味)

なんですが、やっぱり本人のスタンスが見えにくいのはもどかしいというか、
大きな視点で世界を見たときに、今どう見えているのか、その大きな流れを根拠を示してもらって聞きたかったなと思いました。
なんというか、データの各論ばかりで総論がみえないというか。
とはいえ、思想信条に固まった人たちからは聞けない言葉が多かったので、全体を見渡す力と、それをやわらかく翻訳する力のバランスが合うと強力だなと。

午後は、脱原発、辺野古基地反対座り込みなど様々な反戦平和活動を繰り広げてるベジタリアンのAKOちゃん。知り合いではありませんし、中年男性ですが、AKOちゃん。
パッチワークされた手製の服はパッチワークすべてに過激なメッセージやスローガンが書き込まれており、風貌も仙人か?というようなスタイルで、一目見たら引く過激さ・・・

語り口はやわらかく愛に満ちているけれど、思想は非常にはっきりしていて、しかも情報や数字もはっきりしている。表には出てこないけれど、裏付けのある情報だということがちゃんと分かる。

あれ?わかりやすいかも・・・とだんだん引き込まれていきました。
彼の意見には賛成できることも反対なことも疑問なことも保留なことも私の中にはいっぱいの反応があって、それは、彼がはっきりとスタンスを打ち出したからこそ、私の中に沸き起こったのだということ。

そして、自分の意見が正しいと言っているのではなくて、「ぼくはこう思う」を打ち出し、他人の意見の違いを認めているので、AKOちゃんはいわば「偏ってるフェア」な人物。

なんだ、偏っていることとフェアって、同居できるんじゃん。
というのがその日の大きな学びでした。

立場を明確にせずにデータをフェアに出して関心を持ってもらおうとする座間宮さんと、
明確すぎる立場でもなお、違う立場の人と語り合い、好奇心を引き出そうとするAKOちゃんは好対照の二人。

でも、期せずしてバブル崩壊で就職氷河期を味わった人と、バブル崩壊で仕事を失った人という共通点の中で、ある意味、世の中に希望を感じないのがデフォルトになっている私たち以下の世代の言葉が分かるひとたち。
高度成長を知っていて、あの希望のあった時代を知っている世代とは、ちょっと世界の見え方が違う。
この世代が新たな価値観や動き方を見出していかなくちゃいけないし、いけそうだなという別の意味での希望が見えました。

それにしても、どちらも、いわゆる講演スタイルって、質疑応答とか参加者同士の交流って、いかに少ないかというのも実感。

聞くと頭が活性化されるから、私すぐに質問したり、意見交換したくなっちゃうんだけど、そういうものでもないのね(笑)
質問を自由に出しにくい、というモヤモヤした気持ちを味わったことは、私の場の作り方を今後考える上でもいい勉強になりました。


つながる場所を作る

今日、スタジオでの打ち合わせで、初めての人同士が顔を合わせて一つの企画が進み、

さらに同じ時間に全く別プロジェクトの別リハーサルがあって、
ちょうどみんな顔を合わせたので名刺交換して、
一緒にコーヒー飲んで、一人がカバンから出したクッキーをみんなで食べて、
その後、別々の部屋でそれぞれのリハと打ち合わせが続いて、
なんだか、幸せだなあって思いました。

ここを交差点にしてつながっていく。

X-jamは一生、でっかく稼ぐような事務所にはなれないと思うけれど、
出会える人やその表現そのものは財産だし、彼らが繋がっていって、
そのネットワークがいずれもうちょっと体系化されて、
フリーのアーティストの小さなセーフティネットになればいいなあと思う。
そんなことをできるのはすごく先かもしれないし、
けっこう難しいことも起こりそうだけど、
一人勝ちじゃない方法、形にしたい。

という意味で、いろりばた会議は、その小さな小さな第一歩です。
テーマがどんなものでも、貫かれているのはその気持ち。
なるべく多様な仕事、多様な年齢、多様な立場や個性の人たちが混じって語れる場にしたいなと思います。

次回はちょこっと先ですが、ご興味のある方は、ぜひ!

なんだか昨日はいわゆるしっかりとした「講演・お話会」をはしごしたので、私が目指すものがなんなのか、逆に見えてきたな〜と思います。