舞台ろぐ

都会の真ん中で手をつなぐ 舞台ろぐ

都会の真ん中で手をつなぐ

なんとなく、今まで自分の知らなかったイベントにでかけていきたい、と思い、前から名前だけはチェックしていたフェスティバルトーキョーのオープニングイベントへちょこっと行ってみる。リニューアルされた大好きだった劇場、池袋芸術劇場の前の広場に、様々な布を繫ぎ合わせた大風呂敷が敷かれ、櫓が組まれ、舞台がある。…
音楽は生きる力になる 舞台ろぐ

音楽は生きる力になる

人の生死に関わる話が立て続けに耳に入って来た数日間。生きるって刹那だなと苦しくなった。という中、ギタリストのトミー・エマニュエルのライブを観に行った。昔、音源を聴いた時に、なぜか「オセアニアの香りがする!」と言ってましたが、オーストラリアの人でした(笑)音楽というのは、なぜか出身地を(実際のではなく…
イラク報告会に参加して 舞台ろぐ

イラク報告会に参加して

正直、私にはどうしても遠い出来事だと思っていた事が、中東問題。ニュースもとても断片的だし、ちょっと知ろうと首を突っ込むと、とにかく難しすぎる!複雑すぎる!これは丁寧に知らなくてははいけない、中東を知る事はこれからの日本にとってもとても大切、そう思いつつも、荷が重すぎる感じがしていた。そんな中face…
舞台の上で在るということ 舞台ろぐ

舞台の上で在るということ

地元にほど近い場所で活躍しているちょっと気になる劇団鳥獣戯画の「雲にのった阿国」を先日下北沢本多劇場へ観に行きました。子ども向けの小さな作品や、市民ミュージカルを拝見したことはあったのですが、やっぱり劇団の本領は手打ち公演だと思っています。ほんとにその通りだった。手打ち公演には、劇団の覚悟や、方向性…
ボビーマクファーリン@ブルーノート東京 舞台ろぐ

ボビーマクファーリン@ブルーノート東京

2008年に、初めてボビーマクファーリンを観に行った。(そのときの記録はこちら)そして、今回、ようやく2度目のご縁。あのときは大ホールの3階席、今回はブルーノート東京、指定席もかなりステージに近くて、そして今回はツアーファイナル、千秋楽!前回はオーケストラと競演、そして今回はバンド。どんなふうに違う…
ライブレビュー 「飛び出した金魚」 舞台ろぐ

ライブレビュー 「飛び出した金魚」

もうだいぶ日にちがすぎたけど、先月の室坂京子さんのピアノライブのこと。最近、素敵!と思うと、すぐに言葉にならない(笑)(そして素敵だと思わないと、全く言葉にならない…)早稲田通りの細道を入り、文化財的な教会に着くと、中には年季の入ったベヒシュタインのかわいいピアノ。室坂京子さん(以下京ちゃん)が登場…
ライブレビュー ママノリア 舞台ろぐ

ライブレビュー ママノリア

12月12日、去年シモシュライブにゲストで出演してくれて、お客さんの心をわしづかみにしたシンガーソングライターのママノリアが、ホールワンマンライブをするというので、苦手な渋谷に白目をむきつつ行きました(笑)良かったなあー。彼がどれほど、実直に音楽に向き合い、心と身体と生活を歌に注いでいたかが伝わりま…
ピアノ・タペストリー 舞台ろぐ

ピアノ・タペストリー

ここのところ、音楽三昧。書きたい事がたくさんあるので、忘れないうちにマメに。昨日観たのは、音楽仲間室坂京子さんが演奏する、暗闇カフェのライブ。オーガニックのカフェで、毎週末キャンドルの明かりでライブやるらしい。室坂京子さん=(以後京ちゃん)については、即興ピアノや、ゆるくてハッピーなバンド「おひるね…
景色を変える音楽 舞台ろぐ

景色を変える音楽

一度お仕事を一緒にさせていただいてから、一ファンであるバイオリニスト金子飛鳥さんのライブへ。ふくふくや、ダンサーの方の公演と立て続けに終わり、その合間に次の舞台のドタバタがあり、体がもういうこときかなくなってました。寝ても寝ても眠い。だるい。しんどい!当日まで、行くかどうか迷ったのだけれど、飛鳥さん…
キース・ジャレット ソロ2011  舞台ろぐ

キース・ジャレット ソロ2011 

29日、念願のキースジャレットソロコンサートへ。CDでしか知らず、その大地から水を吸い上げる大木のような音楽に魅かれて数年、ようやく本物を見る事ができた。苦手な渋谷の混雑にうんと参ってしまいながら到着したオーチャードホール。一通り館内探検を終えてから席に着く。始まると、普通のコンサートにはあり得ない…