覚えておこう、今日の日のことを コラム

覚えておこう、今日の日のことを

さすがにスタジオに来る人たち、話題がマスク2枚で持ちきり(笑)ギリギリの活動、ギリギリの生活の中で聞くには、あまりにもびっくりなエイプリルフールの真実だった。私も、自分の周りの環境しか見えないので、子育て中の人や、毎日都内に通勤しなくてはいけないサラリーマン、病気を抱えた人たちがどういう状況を送って…
コロナと生きる2020年 コラム

コロナと生きる2020年

毎日がすごい勢いで変化していく。 今まで当たり前にさせていただいた舞台制作が、今は何一つできない。 自分のアイデンティティの崩れていくような毎日。 そんな日々も、人生に一度の体験なので、 2020年の記録を、ここに残しておこうと思います。…
心がオオカミ少年状態だからこそ、日々の暮らしに目を向ける コラム

心がオオカミ少年状態だからこそ、日々の暮らしに目を向ける

ああ、私最近呼吸が浅いな、と数日思っていたが、昨夜はいよいよ息苦しかった。こりゃ経験上まずい。コロナじゃなくて、コロナからくる精神的なストレスだと、すぐに感じた。だって、3月の舞台が全部キャンセルで、よし、4月に企画しているものを頑張ろう、と思った矢先に4月も(自分で決断したもの含め)全キャンセル。…
3/25 自分たちで選択できるという「納得」 コラム

3/25 自分たちで選択できるという「納得」

3月25日4月に企画制作していたライブを、延期を決めました。そのことで、なんだか妙にすっきりした私がいます。なんでなんだろうってずっと考えていたら、「やっと自分達で選択できたから」なんだと思いました。もちろん、延期は本望ではないし、関わってくれた方への報酬の問題もあるし、本当に観て欲しくて年明けから…
誕生日にオリンピック延期が決まった・・・ コラム

誕生日にオリンピック延期が決まった・・・

3月24日(facebookからの記録用転載)本日24日、私は誕生日を迎えたわけですが・・・まさか、コロナウイルスがこんなに大変なことになって、オリンピック延期のニュースが世界中に流れるとは。・・・実は思っていなかったわけじゃなくて、数年前から、「どうしてもオリンピックを開催できてるイメージが湧かな…
「演劇が観れるようになったら」では間に合わないかも コラム

「演劇が観れるようになったら」では間に合わないかも

3月16日(facebookからの記録用転載)アートの世界を生きている舞台人たちは、あまり金銭的なことを口にしないけど、国だけじゃなく多分観客がサポートしないと、ここから自粛期間乗り切れない人や団体ががたくさん出てきます。キャンセル料はどこからも入らないし、無料の配信は、収入にはならないし。「演劇が…
「グリーンブック」は差別と格差と音楽のComplicated World 映画レビュー

「グリーンブック」は差別と格差と音楽のComplicated World

映画「グリーンブック」を観ました。おすすめしてくれた若い友人が、観た後興奮しながら最後まで語ろうとしたのを止めてよかった。最後のシーンのネタバレ聞いてたら殴るとこだったよ(笑)1960年代初頭の実話で、洗練されて裕福な黒人ピアニストのドン・シャーリーと、彼がアメリカ南部へコンサートツアーをするために…
生きている人のことを語れ コラム

生きている人のことを語れ

祖母の葬儀に秋田まで行って、その豊かな喪の時間のことを書きましたが、もう一つ感じたのは、「生きている人の話を聞いておかなくては」ということでした。私たちは、生きている人にはつい無頓着で、いつも会えると思っていて、亡くなってからその偉大さを声高に語ってしまうけれど、生きている人の言葉こそ今聞いておかな…
死を受容するシステム〜田舎のお葬式フルコース〜 コラム

死を受容するシステム〜田舎のお葬式フルコース〜

秋田の祖母が96歳で大往生して、十数年ぶりに秋田へ行った。物心ついてから首都圏の集合住宅で育ち、宗教とは無縁で、田舎のご近所づきあいとも無縁な私。誰かの葬儀に出席することはあっても、宗派のことはおろか、お焼香の仕方も前の人を盗み見し、立ち居振る舞いに一つも自信と確信を持てない私。人の死に直面する機会…
なんて素敵な地域イベント@飯能お散歩マーケット コラム

なんて素敵な地域イベント@飯能お散歩マーケット

飯能市民になって半年、この地域は最近話題のムーミンバレーパークも出来て、連休中は混雑の話題で賑わっているけれど、地域の人たちが以前から口を揃えて「飯能らしいイベント」と絶賛するのは、実は携帯も通じない山の奥の集落で行われている、このお散歩マーケット。市民になったからには、絶対に行きたい!いや市民にな…