コラム

当事者が声を上げないと、ないものにされてしまう コラム

当事者が声を上げないと、ないものにされてしまう

地元で障がい者の福祉レストランを経営する素敵な年上の友人がいるのですが、その方に座談会形式でお話を伺ったことがあって、本当に精神障がい者は家に閉じ込められて外から知られないようにされて、街へ出ていけるようになるまでにものすごく苦労があったのだということを聞きました。家族たちが必死に声を上げて運動をし…
反知性主義が世界を覆った後にコロナがやってきて コラム

反知性主義が世界を覆った後にコロナがやってきて

カミュの「ペスト」が話題になったり、哲学者や思想家へのインタビューが増えたりしてきた。どなたかがツイッターに、「気晴らしに気楽なものを見ているのでは救われなくなってきて、重い文学が必要とされるようになる」という意味のことを書いていたけれど、本当だなあと思う。(探せたらリンクします)私も、ドラマレビュ…
「やらずにはいられないこと」がその人の本質かもしれない コラム

「やらずにはいられないこと」がその人の本質かもしれない

家にいる時間が長くなると、周りの人がみんな、「やらずにはいられないこと」をやり始めるので面白い。特に舞台関係者は、緊急事態宣言に一ヶ月以上先駆けて、2月の下旬から自粛と言う名の無職状態なので、とにかく時間がありまくりで、何かやろうとするんですよね。毎日リクエストに答えて歌を歌ってアップする人生ライブ…
今、働き続ける人にとっても、死活問題なこと コラム

今、働き続ける人にとっても、死活問題なこと

派遣で都内に通っていたことがある。とにかく、本当に9:00から17:00週5日みたいな仕事は向いてなくて、会社の何が嫌だったとかじゃなくて、毎日同じ場所に同じ時間に通って、同じ顔ぶれの人たちとおんなじ愚痴を言っているという状態が、あまりに苦手すぎたので、今のフリーランスのリスクは、それと引き換えだと…
コロナ後はコロナ前よりなんだかんだ幸せだと言える世の中に コラム

コロナ後はコロナ前よりなんだかんだ幸せだと言える世の中に

経済保障に関する各国の違いを見ていると、本当に怒りをとおりこしてむなしくなり、なぜ早いうちに海外で活動できる可能性を切り開いておかなかったのかと後悔しそうにもなります。いや、それよりちゃんと政府に関心を持つべきだった。が、おそらく日本政府も、遅かれ早かれ一律給付をせざるを得なくなるのだと思います。今…
緊急事態宣言の日。想像力が危機を回避する コラム

緊急事態宣言の日。想像力が危機を回避する

緊急事態宣言。この世の終わりみたいなタイトルなのに、内容はそんなに今までと変わらない。とにかく、自分の危機管理力で判断するしかない。誰かのせいとか、誰かが言うからとか、誰かが禁止するからとか、言っている場合ではないのだと思う。(それと政府に責任がないということは、また別問題。自分の身は、相手がどう出…
映画・本・ドラマのレビューを残そう コラム

映画・本・ドラマのレビューを残そう

明日、いよいよ緊急事態宣言が出されるらしい。もはや政府のことが全く信用できなくなっているので、何が出てももう期待できない。現金支給も期待できない。だったら家でひそやかに今まで通り生きていこう。とはいえ3月中まではコンスタントに入って来ていたWebライティングの仕事は今月に入ってすっと途絶え、ドラマレ…
半径2メートル以内に目を向ける コラム

半径2メートル以内に目を向ける

家の中がどんどん快適化されてゆく。バランスボールを買って、ついつい座り仕事が多くなる対策。20分程度のゆるやかーなヨガ。小さすぎて何も置けないと思っていたベランダに、レタスミックスとハーブの鉢を置きました。しかし。何度挑戦しても絶望的に植物を枯らすタイプの私。ここ数年は家を長期にあけることも多かった…
分かりやすくすることは本当に必要なのか コラム

分かりやすくすることは本当に必要なのか

ミュージシャン(特にクラシックを学んだ音楽家)と話題に登るのは「クラシックの敷居を下げて一般の人に分かりやすくするのは必要なのか」という話題。今日もスタジオに来た音楽家とそんな話になった。もちろん、堅苦しくなく音楽を楽しんでほしい。音楽は理屈じゃない。のだけれど、「分かりやすくする」ことで、どうして…
臨戦態勢を整える コラム

臨戦態勢を整える

休みの日。舞台本番がなくなったとはいえ、なんだかんだやることがあり、なんだかんだ人が来るスタジオ。少人数でもできることなら進めておかないといけないから、みんな、制作モード、仕込みモードに頭を切り替えている。この作業そのものに即収入は発生しないけど、作っておかないと今後の「売り物」がないわけで、コロナ…