シモシュピアノ持ち込みコンサート〜Xymox meets FAZIOLI〜コンサートレポート

xjam

2017年12月1日(金)・2日(土)
所沢市民文化センターミューズ キューブホールで
「シモシュピアノ持ち込みコンサート〜Xymox meets FAZIOLI〜」開催!

 

楽器を持ち歩くミュージシャンと違って、ほぼ唯一、自前の楽器以外で演奏することになるのが、ピアノ。
いろいろな楽器に出会う楽しみもありますが、毎度ピアノのコンディションに合わせた演奏をする苦労もあります。そこで、ホール自主コンサートくらいは、自分の「これぞ!」と思うピアノを持ち込みたい!という思いでこのピアノ持ち込みコンサート企画がスタート。
3年前はシモシュ本人のピアノ「Steinway&sons  B-211」を持ち込みました。
そして、今年は今一番気になるイタリアのピアノ「FAZIOLI」を持ち込みました。
イタリアの工場で年間130台程度しか生産できないというハンドメイドのピアノ。
現在は都内の数カ所や全国のホールの何箇所か置かれている会場はありますが、
埼玉県内には常設のホールはなく、なかなか身近に楽しむチャンスがありません。

そこで、地元にほど近い所沢で、1日目は大人を中心としたコンサート
そして2日目は、普段子育て中の方々も親子で一緒に本格的なピアノコンサートを楽しめるよう、
2日間別プログラムの企画を行いました。

2日間の様子を写真と動画とレポート、アンケートにいただいたご感想などとともにお届けします。

12月1日(金)大人のピアノナイト編


お昼前に、東京都港区から、FAZIOLI  F278が到着!
ピアノ専門の運送業者さんによって運ばれ、たった三人の手で、丁寧に搬入され、組み立てられます。
わずか30分程度でセッティングが完了。
しばらく会場で落ち着かせてから調律。

1日目のコンサートは夜公演。
大人を中心に、小学生以上からのお客様に入場を限定して、休憩ありのフルコンサートでゆったりたっぷりとピアノの音色と音楽をお届けしました。

1日目の演奏から

1日目にいただいたご感想

★シモシュさんの音楽には優しさとやすらぎ、明るさを感じ、大好きです

★ファツィオリがかっこよかったです。音の広がりが素敵でした。あとお話もおもしろかったです

★ピアノだけの演奏なのに、いろんな音色があって、様々な情景が思い浮かぶ、そんなステキな時間でした

★素晴らしかったの一言です。
とにかく、シモシュの手が指がとっても楽しそうにピアノの上で動いているのがわかりました。

★各曲とも彩り豊かで、音色を大変楽しみました。こんないいピアノを聴ける機会もなかなかないですし、名器で名演奏を聴けてなんとぜいたくな夜でしょう

★ファツィオリとシモシュ、ナイスコンビネーション♪
どちらともに引き立って、何ともいえない充足感がホールにもわたしにもすみずみ全身、いっぱいになりました。子どもにどうだったと感想聞くと、「今まで聞いたことののないピアノの音だった、面白かった♪」と。そりゃそうだろうね~、誰が弾いても、こう音は引き出せないんじゃないかな!シモシュは、ピアノマンなんだな!初シモシュに、酔いしれました、シビれました!

12月2日(土)親子でアフタヌーンコンサート編

2日目は、シンプルなピアノコンサートから一変。舞台には和紙造形作家加茂孝子さんの巨大な和紙のオリジナル舞台美術が登場。明かりによって刻々と表情を変える、不思議な和紙です。

(リハーサルの様子)

そしてロビーには、親子ですごせる「おやこのひろば」設置。
コンサートの前後でも子ども達がリラックスして過ごせるよう、また授乳スペースなども備えた手作りの空間は、ベテラン保育士さん達による暖かな居場所に。コンサート中もちょっと飽きたらお父さん達に手をひかれてここでゆったりと過ごし、またホールに戻っていく姿もたくさん見られました。

2日目のコンサートは、0歳児から大人まで、多世代が集まり、子ども達の声も音楽の一部として、お客様みんなでたのしみました。
休憩なしの80分があっという間にすぎていきました。

2日目の演奏から(アンコール)

 

2日目にいただいたご感想

★すてきでした。アンコールの曲の時、「普通の当たり前の生活を思い浮かべながら・・・」とおっしゃっていて、聞いていたら子ども達のくしゃみやしゃっくり音ともマッチしていて、当たり前の日々にマッチした曲、そして当たり前の日々を愛おしく感じられました。あーっ元気でた!!

★とても優しい会でした。子どもがいると制限されてしまいがちなコンサート。子どもの声もいい感じで、気持ちが楽になりました。

★FAZIOLIの音色、演奏しだしてすぐに違いを感じました。高音も低音も響きがすごく良くて、シモシュの曲にとっても合ってるなと思いました。

★張り切って孫をつれていったのに、あまりにも心地よかったようで、寝てしまったお孫。いつか、また!シモシュさんが、一曲目が終わったときに、「こどもの声が聞こえると、ワクワクしちゃって、曲のイメージが変化していっちゃうんですよね。。。幸せだ。」みたいなお話をしてくれたんです。それを聞いて、ママ、パパたちは、ほっとして、いいんだ、泣いても、声だしても、リラックスしたんだと思います。しかし、凄かった!凄かった!。義理の母も、音楽会が好きなんですが、こんなに素晴らしい、自由なピアノコンサートは初めてと、興奮していました。加茂さんの和紙の造形も、柔らかくて創造、想像をかきたてる感じで、とっても素敵でした。

★本当に素晴らしいコンサートでした。1曲2曲と終えて、子供の声が曲の一部のように感じていました。そしたら、シモシュも同じことを言っていて、同じように感じていたのを嬉しく思いました。ホールに響くピアノも素晴らしく、あの空間のすべてが音楽であり、音楽を超えたものとなっていましたね。うちの子は途中で一時退室しましたが、キッズコーナーとプロの保育士が用意されており助かりました。普通のコンサートだったら、行きたくても「子供がいるから行けないな」で終わっていたと思います。また機会があれば是非行きたいです!